課外スポーツ指導イメージ

新体操教室

概要

新体操は他のスポーツにくらべマイナーなスポーツです。その原因の1つは新体操を教える指導者が少ない事で、限られた地域に限定されて行なわれているために、新体操を経験したくとも出来ないのが現状です。しかし同時に、新体操は子供達(女子)に大変人気の高いスポーツでもあります。このような事情から、他園ではなかなか体験出来ない貴重なスポーツでもありますので、貴園の大切な特色作りのひとつに加えられるものと大いに期待出来ます。

対象年齢

3歳(年少)~15歳(中学3年)

指導目標

幼児期は手具(リボン)からはじめ、楽しく覚えていく事を主眼において行ないます。その後ボールを導入し、卒園するまでに2種目を習得して頂きます。

全クラス共、バーレッスンや柔軟運動を導入し徒手運動の基礎作りをします。

小学生1~2年では、身に付けた2種目(リボン・ボール)の中から各1種目を用いて団体演技に挑戦いたします。

小学3年以上は手具(クラブ・ロープ・フープ等)を順次習得していきます。

年2回イーデス杯新体操大会に出場し、日頃の練習成果を発揮して頂くようにしています。

選抜されたクラスでは、大阪体操協会主催による大会へイーデスSC代表として出場します。